雲仙ぶりのブレザオラ風 ブレザオラとは、北イタリアの牛肉の保存食

 
雲仙ぶりのブレザオラ風
材料と分量 (10人前、調理時間90時間)
(調理時間はつけ置き時間を含む)
ぶり背身・・・・・800g 
赤ワイン・・・・・500cc
塩・・・・・適量
 

手順  
 (1)  ぶりの背身に3%の塩をふり、半日置く。  
 (2)  (1)の水気を拭き取ったぶりと赤ワインを袋に入れ、2日間漬ける 
 (3)  (2)の赤ワインを拭き取り、表面だけを焼き香ばしい香りを出す。皿に盛り付ける。
※焼き方はフライパン、魚グリル、ガス直火、炭火など。
  


 ★ポイント★ 
・赤ワイン漬けにするとき、ビニール袋に入れた後、空気を抜き、全体に赤ワインがつかるようにする。
・焼いてからは早めに食する。


「USHIMARU」 打矢 健シェフによるこのほかのメニュー   レシピ一覧のページへ
 雲仙ぶり皮と自家菜園大根にフリット  全16種類のレシピ一覧のページはこちらから   
 雲仙ぶりの血合いと白ゴーヤのポルペッティ(夏向きメニュー)
 雲仙ぶりかぶとと勝浦産天草のコッパ風
 雲仙ぶりカマ 赤ワイン(ワインの搾り粕)と酒粕漬け


 レシピ提供
 千葉県山武市 「Ushimaru」 打矢 健シェフ
(シェフのプロフィールのページへ)

△このページのトップ△